2012年3月21日水曜日

階名ってなんじゃ? と思っている方へ

こないだ階名の話をしました。
このブログでは(昔のブログに遡っても)時々階名の話をしています。
僕が階名でしか音を拾えない…つまり音名では拾えないという驚愕の事実があるわけですが、
いや、別に驚愕でもなんでもないですごめんなさい。

とにかく、音の説明をする時、ついつい階名を前提とした書き方になってしまうと思います。
ふと思ったので、音名と階名の違いの説明を簡単にしておきます。
これをご覧下さい



某音楽教室のCMでお馴染みの
「どれみふぁそーらふぁみっれっど」
です。
1回目の「どれみふぁそーらふぁみっれっど」は
実際にドのところから弾いてますから、音名も階名も「どれみふぁそーらふぁみっれっど」で、同じです。
��回目は半音上げました。これはどう聞こえる?
僕にはやはり「どれみふぁそーらふぁみっれっど」って聞こえる。
でも音名は「ど#れ#み#ふぁ#そ#ーら#ふぁ#み#っれ#っど#」かな?
��回目、さらに半音上がる。やはり僕には「どれみふぁそーらふぁみっれっど」って聞こえる。
でも音名は「れみふぁ#そらーしそふぁ#っみっれ」かな?多分。

音名というのは絶対的な音のことを言うときに使うのですが、
階名は相対的に音の間隔が一緒なら、キーが変わっても常に同じ、つまり
「どれみふぁそーらふぁみっれっど」であり続けるわけです。
たぶんこういうのを相対音感って言うんじゃないかな?

この音感を利用すると全部ハ長調(イ短調)だと思って弾けばいいからラクなのです。
半音上げて弾くとき1フレットが0フレットだと思えばいいわけですね。
常にC調のつもりで弾けばいいということはコードもCの3コードだけ知ってればいい?
うん、ちょっと強引かも知れないけど、
例えば5222のDを抑えてるとする。キーがDだったら2フレットを0フレットだと思えばいい。
そうすると5222は3000と同じになる。3000はCだから…他のコードも同じ要領で…
ほら、ハ長調だと思って弾けるでしょ?
C調言葉にご用心(^_^;)

この発想ならとりあえずハ長調(イ短調)のパターンのコードを覚えておけば
他のキーでもなんとなく弾けてしまうということですね。

弱点は、先日アップしたメロディ・フェアのようなキーが変わっていくように聞こえる曲の場合
どれがドか見失ってしまうことがあるということでしょうか。